わくわく公式派生作オタク

「原作では見られないオリジナルストーリー!」にわくわくが止まらない異端のオタク

新ブログ開設にあたって

 二次元オタクが二次元オタクのために、だいたい以下のような言葉を書いているのを、何度も見てきた。
 「他人になんと言われようと、好きなものがあるというのは素晴らしい」と。

 それは、漫画を原作とするアニメのオリジナルストーリーや、実写映画であっても、当てはまると思っていいのだろうか?

 いいんだと言いたい。
 これはそのためのブログだ。


 ……などという大仰な話は建前であって、これは私の好きな「映像化・小説化等の公式メディアミックスに出てくる、原作にはないオリジナル要素」について語ることを、主な目的としたブログだ。


 気をつけて頂きたいのは、私のスタンスは「何かと拙いものとされがちな、メディア化における原作改変の中にだって、こんな秀逸なのもあるんですよ」ではなく、「確かに突っ込みたいところもあるが、私は好きだ!!!!」であるということだ。

 好きではあるが、あんまり出来は良くないかなと感じたものはある。ベタ褒めすることもあるけど、残念ながら自分は大多数の二次元ファンの人々と、「原作と異なるメディア化」の受け取り方が、致命的にズレてしまっているらしい。なので、「このブログで良作かのように書かれていたから見たのに、ただの原作○○プやんけ…」という思いをさせることもあるかもしれない。だが褒めるにせよ貶すにせよ、自分は自分の思ったことを書くだけだから、責任は取れない。悪しからず。

 ただ、「まあこういう話を全力で書く二次元オタクがいたっていいじゃない」という気持ちをこのブログで表現できたら嬉しい。

 そいじゃ、よろしくお願いします。

 あ、あと普通にメディアミックス以外の話も書くと思う。

 

 

【アニメ版SPY×FAMILY】プロのスパイもスタッフも本気のアニオリがそこにある

「この前見たアニメ◯◯、面白かったな〜。おっ、公式アプリで原作無料じゃん!」と読んでみたら、「えっ!?あのシーンもあのシーンもアニオリだったの!!??」ってビビったことない?わいはある。

 今大人気の『SPY×FAMILY』がまさにそれなのだ。

 

 

 このエピソード、アーニャのイーデン校合格祝いに『お城で助けられごっこ』をするため、城を借りて他のスパイも動員することに……という大筋は原作と同じだ。

 ただし、舞台が単に古城ではなく、アーニャの大好きなスパイアニメと同じギミックがあるテーマパークに改装された設定に変更されている。

 おかげでゴンドラに乗ったり、カラーボールを撃ち合ったりと、動くアニメなのを活かしたオリジナルシーンがたくさん盛られることに。やったぜ!!!!

 言わば原作以上のギャグアクション回に仕上がっているのだが、きっちり作品の魅力を押さえてくれてもいる。そんな第5話を語らせて頂こう。

続きを読む

【実写版ハガレン第一作】エドとアルが『そこにいる』喜びは続く

 このブログを開設して最初に記事を書いた時、色々な「自分は好きな公式派生作」を思い浮かべていたけれど、その中の一つに実写版ハガレンがあった。

hijikidays2.hatenablog.com

 

 二次元オタクが二次元オタクのために、だいたい以下のような言葉を書いているのを、何度も見てきた。

「他人になんと言われようと、好きなものがあるというのは素晴らしい」と。

 それは、漫画を原作とするアニメのオリジナルストーリーや、実写映画であっても、当てはまると思っていいのだろうか?

 いいんだと言いたい。 これはそのためのブログだ。

新ブログ開設にあたって - わくわく公式派生作オタク

 

鋼の錬金術師

 

 いつかは真面目にレビューを書かねば、と思っていたところに続編の告知がなされた。あの日の正気を失うレベルの興奮具合は、この前記事にした通りである。

 

hijikidays2.hatenablog.com

 そんなわけで、最初から最後まで私個人の感想しか書いてないレビュー、はじまるよー。

続きを読む

【漫画版ツイステ】2巻も漫画でしか見られないあれやこれがいっぱい

 1巻に引き続き、伊勢海老監督生こと円満雄剣くんが主人公のコミカライズ版の感想はじまるよー。

 

hijikidays2.hatenablog.com

 

 前にTwitterで書いた感想と被ったりもしてますがよかったら。

 

※2巻の内容のネタバレあります(未収録分は書いてません)

続きを読む

【小説版ツイステ】『真紅の暴君』を美しく残酷に彩るノベライズ

 

hijikidays2.hatenablog.com

 

 前回書いた通り、ツイステのノベライズ版を一度では語り切れなかったので、今回は補完や文章の魅力について書いていく。

 また、前回ではあまり触れなかったハーツ上級生組の話も詳しく書いてみた。購入するかどうか考えているファンの方の参考になれば嬉しい。

 

※この記事にはノベライズ版(プロローグ〜第1章)の内容のネタバレが含まれています。

続きを読む

【小説版ツイステ】ねじれた世界で黒木優也がたどる、成長型主人公のねじれた王道

 ああーーやめたい……。

 対人関係に苦手意識があって突然放られた状況への苦悩の描写が生々しい好きなジャンルの小説版のオリジナル主人公に異様に入れ込む癖をやめたい……。

 

優也はオレなんだーー!!オレだーーー!!ヴェネツィアの運河を泳ぎながら)

 はい。

監督生なんだから100%のオリジナルキャラではないだろ!そうだね……。

 

 こんな導入になりましたが、この記事ではノベライズ版の監督生・黒木優也くんの苦労よりも成長を追っていきます。

 

※この記事にはノベライズ版(プロローグ〜第1章)の内容のネタバレが含まれています。

続きを読む

【榊原版タイバニ】誰かの世界を変えるのは完璧じゃないあなたかもしれない

 来月、11年越しの続編が配信開始される大ヒットアニメ『TIGER&BUNNY』。

 

 私にとってはもう一つ嬉しいニュースが舞いこんできた。榊原瑞紀先生によるコミカライズ版も続編の連載が決まり、前作の新装版も発売されるというのだ。

 人気作だけあってタイバニのコミカライズは異なる作家により複数展開されているので、ここでは本作を「榊原版」と呼称する。

 

 

 前作はアニメ版ジェイク編までのコミカライズなのだが、ストーリーは中盤から大幅にアレンジされている。

 アニメでのヒーローが一人一人ジェイクに挑んでいく展開の代わりに、それぞれの陣営に分かれてシュテルンビルト崩壊阻止のため奮闘するストーリーだ。

(ところでそのアレンジで潜入することになったおかげでバーナビーの変装姿が見られるのですが、髪結んでるわ眼鏡も大きいやつに替えてるわで最高としか言えないほど最高なんでバニクラはみてみんなみて)

 桂正和先生とはまた違うスタイリッシュさとクールさを感じさせる絵のアクションと共に、知っているが知らないストーリーを楽しめる。これぞ、「わくわく公式派生作」だ。

 

続きを読む

どれだけ叩かれようが自分は好きな漫画の実写版の続編が決まった私を誰も止められない!!!

わあああああ!!

わああああああ!!

「鋼の錬金術師」山田涼介主演の実写映画完結編、2作連続で公開!新田真剣佑がスカー役(動画あり / コメントあり) - コミックナタリー

うわあああああやったああああああ!!!

 

アッ待って…

これはもしかしたら自分の願望が生み出した幻覚かもしれないぞ…?

そうですね…とても残念ですが、私がどれだけ好きでも実写化というのは大多数の原作ファンから成功認定してもらえないと大抵続編は出な

「鋼の錬金術師」山田涼介主演の実写映画完結編、2作連続で公開!新田真剣佑がスカー役(動画あり / コメントあり) - コミックナタリーnatalie.mu

幻覚じゃねえーーーーー!!!

よかったーーーーー!!!

 

もちろん面白いに越したことはないんだけど、仮に続編を観に行ったらつまらなかったとしても、ここまで喜んだことを後悔はしないね。

自分が、四年間と少し待ち続けたことが報われたって事実が重要なんでね。

 

hijikidays2.hatenablog.com

 

 この記事ではデスノート/ハガレンの思い出を書いたけれど、後年の「平凡な大学生」となった月を窪田正孝が演じたテレビドラマ版/山田涼介主演の実写映画版を、自分は不安もありつつ純粋に楽しみにもしていたのだが、あまりにも放送・公開前から否定的な声が多く、正直心が折れて鑑賞を断念しそうになった。

 これは2017年にある程度「吹っ切れる」まで、自分から映画やドラマを観ることがほとんどなかった原因の一つでもあるのだが、金を払って観た作品が面白くなかったことよりも、観て好きになった作品が大勢から「これは評判が悪いから何を言ってもいいヤツだ」と扱われることの方が、圧倒的につらいのは私だけだろうか?

私がどうして「わくわく公式派生作オタク」なんかやってるのかというと - わくわく公式派生作オタク

 

大丈夫さ!!

「好き」は絶対報われるわけじゃないけど、「好き」が絶対に報われないわけでも無いんだよ!!

っていうのが、わかった!!今、不安なこと、怖いことや悲しいことがいっぱいあるけど、ちょっとだけ現実のこと好きになれた!!

 

というわけでそのうち第一作の話書きてえ〜でもその前に榊原版タイバニやツイステも書かなきゃ〜と思いながら、グダグダだけどとにかく書きたかった記事、終わりです。

 

 

実写第一作の頃に出たグッズ。

「実写化なんて原作ファンに何の得があんの?」とか言う奴には、大変可愛らしい新規グッズが出たという事実を積極的に投げつけていこうなァ!!!!