わくわく公式派生作オタク

「原作では見られないオリジナルストーリー!」にわくわくが止まらない異端のオタク

【犯人ネタバレ注意】『11人目のストライカー』はコナンが呪いを解く物語だ

「食わず嫌い」と言うほどでもないけれど、「この作品、ネットでバカにされてんの見たことあるな」って印象から始まること、あると思う。「他人にどう言われても好きなものがあるのは素晴らしいって話は、アニオリや実写化にも当てはめていいんだろうか?い…

【ツイステ】Wi-Fi逝ったしまた好きな食べ物ネタで更新頻度を水増しする

いつだって、このブログを支えてくれていたものがある。 原作とはまた違う手法で新たな解釈を見せてくれる、メディアミックスの作り手の人達。自分の好きなものへの愛を語る人達。そしてもちろん、応援してくれるみなさん。 だが、人ではないけれど間違いな…

原作と違うアニメも好きな異端のオタクと約ネバ二期の話

数年前に私はある小説家のエッセイを読んでいたが、それが誰だったのか、タイトルはなんといったのか覚えていない。 覚えてるのは「好きな小説の映画版を観た後、私はいつも居心地の悪い気持ちになっていた」から始まる一節があったことくらいだ。その後に「…

【コナン】「米花商店街ダストミステリー」のことを書く(OP感想もあるよ)

さて、私自身はコロナが怖いんでレンタル待ちを選んだけども、何はともあれ『劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸』が一年の延期を経てようやく公開されたことを素直に喜び、祝福したい。 今回レビューするのは、先々週にテレビで放送された第1002話「米花商店街…

それでも「最高の最終回」を諦めないのがアニメブラクロの魔法なんだ

3月30日にアニメ『ブラッククローバー』が最終回を迎えると発表された時、純粋に好きな長期アニメが終わるショックや寂しさもあったが、「このタイミングでか…」という気持ちが大きかった。 新型コロナウイルスの影響による再放送とアニメオリジナルストーリ…

月末だし変なサムネイルに癒される

今回はもー公式派生作でもなんでもない感じです。 この間、友達が「ネトフリで見られるアニメで何かオススメ教えてほしい」って言ってたから何が配信されてるか調べてみたんだけど、ネトフリのアニメ作品のサムネイル、主役乗っ取り案件が多すぎない!? い…

つらい時、苦しい時、漫画版おそ松さんがいてくれた

おそ松さん 1 (マーガレットコミックスDIGITAL) 作者:シタラマサコ,赤塚不二夫,おそ松さん製作委員会 発売日: 2017/09/15 メディア: Kindle版 2月26日、漫画版『おそ松さん』の最終巻が発売された。紙版の第一巻が発売したのは2016年5月。アニメ一期終了後か…

【アニメジョジョ5部】ブチャラティは「お前もギャングなら」の後に何を言おうとしていたのか

以前にもアニメオリジナルシーンでのブチャラティについて書いたのだが、 hijikidays2.hatenablog.com あの時取りこぼしたシリアスな話がある。 第20話の回想において、パッショーネの麻薬売買を知ったシーンの話だ。 ボスからの最終指令 発売日: 2019/02/27…

そうしてまた自分は『劇場版コナン』に魅了されるのだ

2月5日、金曜ロードショーで放送された劇場版『名探偵コナン』の第1作・『時計じかけの摩天楼』。子供の頃から何度も見ていて、犯人もオチも知っているのに、つい最後まで見てしまった。 劇場版 名探偵コナン 時計じかけの摩天楼 発売日: 2017/04/08 メディ…

【ネタバレ注意】楽しくも切ない思い出…と怖すぎる犯人のギャップがすごい『警察学校編』

現在、このブログはアニメ版のオリジナルストーリーや劇場版の記事ばかりだが(小説版や脱出ゲームの話も少ししたけれど)、『名探偵コナン』に限っては「原作者以外が描いた公式漫画」の話しか書いていない。 hijikidays2.hatenablog.com hijikidays2.haten…

【ネタバレ注意】アニメ版『文豪とアルケミスト』が見せた「物語」の残酷なまでの美しさ

原作ゲームからのファンであるTwitterのフォロワーさんが勧めてくれたアニメ『文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~』が、もう最高に面白かった。フォロワーさんには感謝してもしきれないくらいだ。 走れメロス 発売日: 2020/04/05 メディア: Prime Video 恥ず…

2020年の「わくわく公式派生作オタク」を振り返る

すっかり更新が滞ってしまい、申し訳ありません。 コロナにより中止となった冬コミの代わりに開催されたオンラインイベント、「エアコミケ2」に参加する準備をしていたからなのです。 私はジョジョ公式ノベライズの非公式二次創作小説(めちゃくちゃな字面だ…

【アニメブラクロ】「悪魔をあがめる者」と「迫害を乗り越えるヒーロー」の狭間

はじめに デビル・ビリーバー編の大筋 アスタへの歪んだ憧れ ダズーの受けた屈辱 アスタがヒーローたる理由とユノの存在 彼女達の選択 その結末 おわりに 追記(3/31)…スペード王国編と最終回を踏まえて はじめに いきなり性癖を語り出すけどもね、私はヒー…

炭治郎の『好きな食べ物』って…

今日は公式派生作の話じゃちょっとなくなるんですけど、映画公開中の『鬼滅の刃』大人気ですよね。 もう、「普段はアニメを全然取り上げないような番組が『鬼滅』を特集すると聞いたので見る」んじゃなくて、「テレビをつけたら偶然普段はアニメを全然取り上…

小説『おそ松さん〜番外編〜』の握手会をめぐる年中が濃すぎる件

まずおことわりというか、今回は結構な下ネタを書いてしまいました。ただ握手してきただけなのに。 あとこのブログではなるべく非公式カップリングの話は控えたかったんですが、一にゃーへの情熱がちょっとはみ出した気がするのでご注意ください。 (かとい…

『えいがのおそ松さん』からの愛と感謝の全力パンチに我々は倒れるしかない

君は見たか!? 製作陣の皆様による我々への感謝ダイレクトアタックを!! 『えいがのおそ松さん』を紹介しようとすると、一言目はそうなってしまうほど、あの日劇場から出てきた自分は感激していた。 … にもかかわらず、これまでTwitter以外で感想を残すの…

【ネタバレ注意】ワイ、5部脱出ゲームのパンフレットだけ読んでよけい行きたくなる

リアル脱出ゲーム×ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風「ジョジョの奇妙な美術館からの脱出」 ジョジョ脱出realdgame.jp 『コロナから身を守る』 『脱出ゲームに参加する』 両方やらなきゃいけないのがジョジョラーの辛いところだな 覚悟はいいか? 俺は………… ……………

やっぱブチャラティってアニオリでも超かっこいいよな(喪服から目をそらしながら)

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 O.S.T Vol.2 Intermezzo アーティスト:菅野 祐悟 発売日: 2019/03/27 メディア: CD もうみんな知っていると思うのだが、ジョジョ5部のブローノ・ブチャラティってめちゃくちゃかっこいいよね。 強い。そして優しい。頼れる。 …

昔好きだった『劇場版BLEACH』第二作を見たんだけど、やっぱ好き

7月は一度も更新できずすみませんでした。その分、8月は更新頻度上げたいです。 この間、久々に『劇場版BLEACH』第二作をレンタルで見た。多分、10年ぶりだったと思う。 劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸 【通常版】 [DVD] 発売日: …

【再掲】アニメ新規勢なんだがブチャラティとフーゴの出会いが好きすぎるんだよな

本記事は、2019年2月(アニメ5部放送中)に「Privatter」で書いた感想に一部修正を加え、こちらに再掲したものです。 Privatter版はこちら↓(ほぼ同じ内容ですが) privatter.net ボスからの第二指令 発売日: 2018/12/26 メディア: Prime Video

【アニメジョジョ5部】「もしフーゴの奴に会えたら」に救われた人間の戯言

2019年の6月21日の深夜。 リアタイ視聴していたわけではないが、私はその時が来るのが嫌であった。 とにかく嫌であった。めちゃめちゃ嫌であった。 理由はただ一つ。 推しが死ぬのである。 推しが死ぬのである。 鎮魂歌(レクイエム)は静かに奏でられる その②…

私がどうして「わくわく公式派生作オタク」なんかやってるのかというと

初めてアニメオリジナルキャラクターの概念を知ったのは、『ONE PIECE』のアピスという女の子だったと思う。 第54話 新たなる冒険の予感!謎の少女アピス 発売日: 2018/02/15 メディア: Prime Video 動物と会話できる「ヒソヒソの実」の能力者であった。チョ…

『日本史探偵コナン』安室透が登場する外伝「国宝編」も読んでみた

コナンくんたちと一緒に、楽しく日本史を勉強できる!そんな青山剛昌先生以外による児童向け学習漫画・『日本史探偵コナンシリーズ』。前回の記事では、シーズンⅠの飛鳥時代編を紹介した。 今回は、Ⅰの後に出た外伝<アナザー>の『国宝編 背中合わせの両雄<マ…

【再掲】学習漫画『日本史探偵コナン』飛鳥時代編を読んでみた

本記事は、「Privatter」に書いた感想に一部修正を加え、こちらに再掲したものです。 Privatter版はこちら↓(ほぼ同じ内容ですが) privatter.net ちなみにPrivatterには、以前は他に映画やアニメの感想も書いていましたが、現在は二次創作小説が中心です。 …

新ブログ開設にあたって

二次元オタクが二次元オタクのために、だいたい以下のような言葉を書いているのを、何度も見てきた。 「他人になんと言われようと、好きなものがあるというのは素晴らしい」と。 それは、漫画を原作とするアニメのオリジナルストーリーや、実写映画であって…