わくわく公式派生作オタク

「原作では見られないオリジナルストーリー!」にわくわくが止まらない異端のオタク

【犯人ネタバレ注意】『11人目のストライカー』はコナンが呪いを解く物語だ

 「食わず嫌い」と言うほどでもないけれど、「この作品、ネットでバカにされてんの見たことあるな」って印象から始まること、あると思う。「他人にどう言われても好きなものがあるのは素晴らしいって話は、アニオリや実写化にも当てはめていいんだろうか?いいんだと言いたい!」なんてお題目を掲げてこのブログを運営してる私も、そう思うことはよくある。 

  「本人役で出演したサッカー選手達が棒読み」と聞いていた、劇場版コナンの『11人目のストライカー』もその一つだった。それなのに、今や毎年Huluで歴代劇場版が期間限定で見放題配信されるたびに、絶対に通しで観る作品だ。

 

 初見のうちで特に好きになったのはサッカーが題材の『11人目のストライカー』で、「ゲスト出演した実在のサッカー選手さんの演技の拙さ」や「試合中に特定のプレーをすれば爆弾が解除される荒唐無稽さ」の印象が先行するが、実際見てみるといい意味で裏切られた。

 

 思うに本作の主題はサッカーをめぐる絶望と希望、サッカーを通した年齢も立場も超える人間同士のつながりであり、そしてそのつながりは犯人との間にも生まれ得たことを示したラストシーンに帰結する。自分にとっては、真っ当な注目の浴び方にも十分値する作品だった……ただし、『ストライカー』の特に好きなところは犯人絡みなので、詳細は書けない。いつかこれ一本でネタバレをふくむ感想を書きたいので、それまでにとっておこう。

そうしてまた自分は『劇場版コナン』に魅了されるのだ - わくわく公式派生作オタク

 

hijikidays2.hatenablog.com

 

 視聴後の私はもうすっかり、『ストライカー』のイメージって「実在のサッカーチームや選手とコラボしてたよねー、でも選手の演技ヘタなんだよねー」で終わっていいんだろうか?いいわけねえだろうがよお!!!!というお気持ちである。

 もちろん、他の人にとって面白くなかったり、好きじゃなかったりするのは仕方ない。だが『ストライカー』のことを棒読みでしか語れない人間がもしいるとすれば、その人がちゃんと見たのかどうか、それは某漫画の実写映画版を「見た目がコスプレ」「興行収入が爆死」「ロケ地が設定と違う」と肝心のストーリーにはかすりもしない情報でしか非難していなかった四年前の職場の同僚くらい怪しいし、十年も経ってから急にアニメ版『トリコ』のグルメスパイザーを笑い物にし始めたネットユーザーくらい怪しい(熱い偏見)。まあ、視聴前は実際そういうイメージを持っていた私が書いても説得力はないだろうが……。

 

 ともかく、この想いを存分にぶつける「いつか」がついにやってきた。というわけで、この記事は『11人目のストライカー』の内容、特に「犯人が誰なのか」を思いきりネタバレしているのでご注意ください。

 

劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー

劇場版 名探偵コナン 11人目のストライカー

  • 発売日: 2017/04/08
  • メディア: Prime Video
 

 

 すでに注意喚起したので早速書くが、サッカースタジアムに爆弾を仕掛け小五郎に挑戦状を叩きつけた犯人は中岡一雅だ。

 学生時代は名選手として将来を期待されながらも、事故に遭い左足の後遺症により東京スピリッツの内定を取り消され、プロの道を断たれた中岡。物語中盤で「十分な動機を持つ容疑者」と見なされ、高木刑事に殴りかかったことで逮捕されたものの、実際はスピリッツから手厚く扱われており、恨みなどないと明らかになった。内定は、選手としてのプライドから自ら蹴ったというのだ。さらにこの逮捕でかえってアリバイが証明され、疑いは晴れて釈放される。

 この時点で彼を容疑者から外してしまった人は、私だけではないはずだ。いや、真面目に推理する人ならだまされなかったのかもしれないが、私のような「途中で捕まるも無実が証明された人物は、犯人候補から除外していい」とか、「態度の悪い人物より、いかにも善人っぽい人物が怪しい」とか、そういうパターンでばかり犯人を探る観客にはかなり効果的なトラップだろう。

 

 中岡の真の動機は、病弱ながらサッカーが大好きだったが、現在は故人である知史という少年。

 物語の途中、コナンがカズこと三浦知良選手と一緒にサッカーを練習し、リストバンドをもらうシーンがある。しっとりした挿入歌まで流れ、実在の選手とのコラボだから気合い入れてるのか?と思いきや、後に中岡のバックボーンに関わっていたことがわかる。

 彼は子供時代、コナン同様三浦選手からリストバンドをもらっていたのだ。成長後知史と知り合い、一緒に練習する仲になるとそのリストバンドを託していた。大人から子供へ、受け継がれていくサッカーへの想いが非常にエモい。さらに、事故後は体が弱くともチームに入り試合にも出場した知史に中岡は励まされ、挫折から立ち上がろうとしていた。子供を励ましていたはずの大人がいつしか逆に励まされるなんて、素敵なことだ。

 …だがその矢先、容態が悪化した知史は帰らぬ人となってしまう。搬送した救急車が途中で小五郎とサポーター達に止められたと聞き、中岡は復讐心に憑かれてしまった。しかし実際には、小五郎達は倒れた老人のために呼んだ救急車が進路を間違えていると誤解し、誘導しようとしていたのだ(さらに言えば止められたのはわずか二分で死の原因とは限らず、それでもおっちゃんは知史の父親に謝罪している)。

 だが中岡は真実を受け入れず、爆破を決行しようとする。爆破するのは人生で最後に出た試合の舞台、終了時刻。自身のサッカーの思い出との心中とすら思えるこだわりようではないか。最早呪縛だ。呪いとなってしまった選手としての想い、知史への想い。

 

 そんな中岡だからこそ、コナンは激昂する。

コナン「ふざけんな…!夢破れ逃げた挙句、知史くんの死を利用して、他人に怒りをぶつけてるだけじゃねえか!」

中岡「なに!?」

コナン「勝手に自分の限界を決めつけて、夢をあきらめちまった臆病者だ!」

中岡「このガキ、言わせておけば!」

コナン「ガキはてめえの方だっつってんだよ!!全てを他人のせいにし、自分の都合の悪いことは全部嘘だと否定しぶち壊そうとする、とんでもねえワガママボウズだ!わかんねえのかよ!?あんたが否定してんのは、知史くんが大好きだったサッカーなんだぞ!!あんたは知史くんの思い出までぶち壊そうとしてんだぞ!それがまだわかんねえのかよ!!

 仇討ちを掲げ、自分のエゴに罪のない人々を巻き込もうとする「犯人」への怒りだけでなく、「サッカーを愛する者」としての怒りがわき上がったのだろう。

 

 コナンの白いリストバンドが血で赤く染まり、三浦選手から中岡へ、中岡から知史へ受け継がれた赤いリストバンドにそっくりになった時、知史の幻が中岡に語りかける。「誰も悪くないんだよ。だからもうやめて」と。

 これは彼の意識の奥底からよみがえった良心の呵責が、知史の姿を借りて表れたものではないだろうか?と私は考えている。「お前まで俺を否定するのか?」と中岡は狼狽したが、コナンの言葉を受けた直後にリストバンドから知史を想起したことで、彼自身こそが無意識に(こんなことをして、知史が喜ぶはずがない)と過ちを認めたのかもしれない。

 憎悪を喪失するも、もう無理だ、俺でも止められないと膝をつく中岡。しかしコナンは「あきらめてたまるかよ!」と叫び、ヒデ*1のサインボールを持って駆けつけた探偵団からのパス、そして遠藤保仁選手にもらったアドバイスにより、爆弾を止めるシュートを成功させる。

 なんとか解除できた後、立ち上がった中岡をコナンは一度警戒するも、彼の雰囲気が変わったことに気づく。そして11人目のストライカーはお前だったんだな」と言葉をかけられ、微笑み合う二人を映し、映画はエンディングに入っていく……。

 

 あの瞬間、コナンと中岡は「探偵」と「犯人」の立場を越え、「サッカーを愛する者同士」として心がつながったのではないだろうか。ミステリー漫画の探偵であるコナンは、毎回犯人を暴き真相を明らかにする。だが、探偵にできることは、必ずしもそれだけではない。

 犯行を阻止し、同じサッカーを愛する者として真っ正面から言葉をぶつけ、プロリーガーの道を捨てた彼に最後まであきらめない姿を見せて救った。サッカーを愛したが故の呪縛から解き放ち、呪縛へ変わる前のサッカーへの想いを、知史との絆を取り戻させたのである。

 

 ここで流れ出す主題歌であるいきものがかりの『ハルウタ』。これがまた素晴らしい。

 

伝えたくて 届けたくて あの日の君へ

いつの日かのさよならさえも 胸にしまって

ハルウタ

ハルウタ

  • provided courtesy of iTunes

 

 歌い出しもその後も、次第に中岡と知史の歌に聞こえてくる。切なくも未来への希望を歌っているこの歌のように、中岡が罪を償った先には希望があると信じたい。11人目のストライカーは謎だけではなく、呪いも解いたのだ。

 

 それと、残念ながら演技が拙かったのは事実だが、私はこの映画における実在のプロリーガーの出演が、単なる話題作りに終始したとは決して思わない。人々の羨望と憧憬を最前線で浴びるプロリーガー達。実在の選手もコナン世界の選手も、相手が子供であってもしっかりと向き合い、相手が子供だからこそ純粋な憧れに応えてくれた。彼らの心意気が、犯行の阻止と中岡との和解に結実するように作られている。

 

 あとこの劇場版オリジナルキャラの真田貴大選手、めっちゃ好きですね。ヒデに宣戦布告したり、同チームのエースの比護さん*2との交代で「一年ぐらい休んどっていいッスよ」と軽口をたたいたりする不敵さと、大勢の命を背負った時にストライカーとしての強い自負を見せながらも手を震わせるギャップ……!あと比護さんがタカヒロの声でタカヒロって言うのうける。その後原作でもちょっと登場しました。

 

 そして本作は劇場版コナンでは珍しく、明確に後日談として扱われているテレビアニメのオリジナルエピソードが二つある。一つは真田選手がメインの「Jリーガーとの約束」(映画の容疑者候補だった女性カメラマン・香田薫も再登場している)。

 

  もう一つは、遠藤選手とコナン達が再び交流するシーンがある「Jリーグの用心棒」。コナンとはやはりシュートについて話している。Jリーガーを裏で支えている仕事が語られるエピソードだ。

 どちらも『11人目のストライカー』を気に入った人にはオススメなので、是非見て頂きたい。

*1:コナン世界のプロリーガー・赤木英雄のこと。東京スピリッツ所属。原作序盤から登場しており、探偵団が憧れている。同じく序盤に登場した相棒・上村直樹とのコンビプレーも、本作で見られる

*2:ビッグ大阪のプロリーガー。結構前から原作に登場していたが、本作で初めて台詞が与えられた。哀ちゃんの推し。